Acer バッテリー > Acer AP12F9J 高品質バッテリー

Acer AP12F9J 互換バッテリー/Acer AP12F9J 高品質バッテリー

Acer AP12F9J 互換バッテリー/Acer AP12F9J 高品質バッテリー

低価格、高品質AP12F9J パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!高品質、よりやすい値段、100%の品質保障、対応迅速!ご安心購入ください!
  • 容 量:35Wh
  • 重  量 : 129g
  • 電  圧 : 7.4V
  • カラー :Black
  • サイズ :
  • 価 格 : 9243円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

Acer AP12F9J ACアダプター /充電器/PC電源

Acer AP12F9J ACアダプター /充電器/PC電源

低価格、高品質パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!本店のAcer AP12F9J 充電池は貴方にとっては絶対後悔しない選びです!
  • 製品コード:
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 4383 円

対応ラップトップモデル:

  • ACER Aspire V7 Series,
  • ACER Aspire V7-481,

充電池互換電池 コード:

  • Acer 2ICP3/65/114-2 ,
  • Acer AP12F9J ,

Acer AP12F9J ノートパソコン用充電池が充電できない場合の対策

ノートブック製品で、バッテリが充電できない場合の原因と対処方法についてご案内いたします。

1.バッテリの残量が 95 % 以上残っている

バッテリの残量が 95 % 以上残っている場合は、AC アダプターを接続しても充電されないことがあります。 94 % 以下まで放電させてから AC アダプターを接続して再度充電を行ってください。

2.バッテリを長期未使用である

AC アダプターがコンピューター背面または側面のコネクターにしっかりと差し込まれているか、電源コードが抜けていないかご確認ください。

また、AC アダプターと電源コードが接続されている場合でも、OA タップなどをご使用になっている場合は、電源供給が不安定になることがあります。 直接壁のコンセントに電源コードを接続して問題を解決できるかご確認ください。

3.Acer AP12F9J 対応充電池と電源コードが正しく接続されていない

バッテリーは未使用状態でも自然放電していますので、購入直後の状態やバッテリを長期間放置すると、バッテリを認識しなくなることがあります。 バッテリを長時間未使用の状態だった場合には、コンピューターから一度バッテリを取り外し、AC アダプターだけで起動します。 コンピューターが起動してからバッテリーを装着して充電が開始されるかご確認ください。

4.製品付属の AC アダプター、電源コードを使用していない

製品に付属または製品対応以外のACアダプタ、電源コードを使用した場合には、通電していてもバッテリの充電ができないことがあります。AC アダプター、電源コードは製品に付属または製品専用をご使用ください。

5.Acer AP12F9J バッテリパックが正しく装着されていない

コンピューターをシャットダウンします。 いったん、バッテリパックを取り外してからバッテリパックを装着し直します。 この時、「カチッ」と音がするまでバッテリを押し込んでください。

【警告】

バッテリパックから漏れた液が目に入った場合は、きれいな水で洗ったあと、ただちに医師に相談する
皮膚についた場合には、炎症を防ぐために、すぐにきれいな水で洗い落としてください。衣服に付いた場合は、身体に液が接触しないように、すぐに衣服を脱いでください。

【注意】

バッテリパックの充電温度範囲内(5~35℃)で充電する
充電温度範囲内で充電しないと、液もれや発熱、性能や寿命が低下するおそれがあります。

バッテリパックを保管する場合は、できるだけ湿度の低い冷暗所で保管する。また、子供の手の届かない場所に保管する
バッテリパックを長期保管するときには、過放電を防止するために、半年に1回くらいの割合で、50%程度の充電をしてください。保管時は、ビニール袋などに入れて端子のショートが起こらないようにし、ダンボールなどの電気を通さない箱に、バッテリパックが重ならないように入れてください。

ごみ廃棄場で処分されるごみの中にバッテリパックを捨てない
リチウムイオン電池は、「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」により、回収・再資源化が求められております。バッテリパックを処分する場合は、各自治体の条例または規則に従ってリサイクルするか、リサイクル協力店へお持ちください。