最新Asus A41-A3 バッテリー

大好評のAsus A41-A3 対応バッテリー

全新ACアダプター、Asus A41-A3パソコンバッテリー、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!高品質の低価格!出荷が速い!すべての安全との互換性要求を満たします!
  • 容 量:4400mAh
  • 重  量 : 393 g
  • 電  圧 : 14.80 V
  • カラー :Black
  • サイズ : 267.60 x 49.20 x 21.22 mm
  • 価 格 : 5182円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

Asus A41-A3 ACアダプター | PC電源

送料無料Asus A41-A3 ACアダプター | PC電源

びっくり価格 パソコンバッテリー、 A41-A3 アダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!主に高品質パナソニック製セルを採用しています。過放電および過充電防止回路付き。全商品が保険保証付き!!安心の2年保障つきで多くのお客様にご利用を頂いております。
  • 製品コード: LASAC01
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 3885 円

対応ラップトップモデル:

  • Asus A6E,
  • Asus A6F,
  • Asus A6G,
  • Asus A6J,
  • Asus A6K,
  • Asus A6L,
  • Asus A6M,
  • Asus A6N,
  • Asus A6R,
  • Asus A6Rp,
  • Asus A6T,
  • Asus A6Tc,
  • Asus A6U,
  • Asus A6V,
  • Asus A6Va,
  • Asus A6Vc,
  • Asus A6Vm,
  • Asus A7,
  • Asus A7C,
  • Asus A7D,
  • Asus A7F,
  • Asus A7G,
  • Asus A7J,

充電池互換電池 コード:

どうしてAsus A41-A3ラップトップを使わないでも電気量も減らしまいましたか?

 

答え: 一般的に、ノートパソコンの充電するデザインは電流が90%を超えることにより、小さい電流だけでバッテリーに充電を行います。それに、電池に保護の板は静態の消耗が存在するので、Asus A41-A3電池の損耗にとって、取りか取りないがかまいません。電源が突然に断ち切るで操作を行うことができないので、データを紛失することを予防するために、バッテリーを機器から取りないようと勧めます。取り出したい場合、涼しく乾燥した汚れのない場所に保管してください。

 

Asus A41-A3 対応バッテリーー説明にある6セル、9セルって何ですか?

 

リチウムイオン バッテリーは複数の内蔵セルを組み合わせて構成されています。記述に6セルとあれば6個のセル、9セルとあれば9個のセルがバッテリーパックに内蔵されています。
機種によって差がありますので一概には言えませんが、4セルタイプが軽量タイプ、6セルタイプが標準タイプ、9セルタイプが大容量タイプというパターンが最も多く見られます。一方、3セル/6セル/9セルのパターンや4セル/8セル/12セルのパターンも存在しています。軽量タイプまたは大容量タイプが供給されていない機種もあります。
バッテリーの駆動時間は1個あたりのセル容量とセル数に比例し、セルの内蔵数が多ければ多いほど長時間駆動が可能になります。一方、セルが増えると、重量およびサイズも大きくなります。
大容量タイプの多くは、ノートに装着した際に奥行きの一部が筐体から飛び出す形式になっています。

 

Asus A41-A3 対応ラップトップ充電池の寿命はどのくらいですか?

 

通常の状態でご使用になられた充電用電池の寿命は一般的に500~800充・放電サイクルです。
一般ユーザーご使用の場合、1年半~3年のAsus A41-A3 対応バッテリー寿命があるということになります。
充電用電池が消耗してくると稼動時間がだんだん短くなってきます。 2時間ご使用できる電池が半分の1時間分しか稼動できなくなってきたら新品への交換時期です。

 

【ご注意】使用済み充電池をリサイクルする際のお願い

 

危険防止のため、使用済みの充電池はひとつずつ袋に入れてご郵送または、 リサイクルボックスにご投入してください。 特に、接点の金属面が露出しているものは、+と-の両極にテープを貼る等の 絶縁処理をしてください。
地方自治体の産業廃棄物の処理方法の指示に従って処分を行なう場合、分別のガイドがある場合がありますが、発熱?発火?破裂の恐れがありますので、バッテリーパックを分解することは絶対に行わないでください。
また、乾電池などの他の電池を混ぜないでください。