最新Asus VivoBook S200 バッテリー

最新Asus VivoBook S200 充電バッテリー

低価格、高品質パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 VivoBook S200 ノートPCバッテリー、ACアダプターなど多種類な製品をストックしています。高品質、2年間保証、真新しい、対応迅速!
  • 容 量:5136mAh (38Wh)
  • 重  量 : 252g
  • 電  圧 : 7.4V
  • カラー :Black
  • サイズ : 202.01 x 48.81 x 20.41 mm
  • 価 格 : 9287円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

Asus VivoBook S200 ACアダプター | PC電源

Asus VivoBook S200 ACアダプター | PC電源

低価格、高品質パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!Asus S200 交換用バッテリーがすべて新品、未使用な商品です。高品質、よりやすい値段、100%の品質保障、対応迅速!ご安心購入ください!
  • 製品コード: LASAC00
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 3885 円

対応ラップトップモデル:

  • Asus VivoBook S200 ,
  • ASUS VivoBook X201 Series ,
  • Asus VivoBook S200L3217E ,
  • ASUS X201E Series ,
  • ASUS VivoBook S200L987E ,

充電池互換電池 コード:

Asus VivoBook S200 ノートPCのバッテリーを確実に長持ちさせるワザ4つ

外出先で携帯電話やノートパソコンの電池が切れてしまうのは、非常に厄介ですよね。なので今回は、バッテリーを長持ちさせるのに効果的な方法をいくつか紹介します。
その前に、今使っているバッテリーは古すぎはしませんか?フルチャージしても30分でなくなってしまうようなバッテリーなら、できることは何もありません。新しいのに交換してください。

1.電源プランの変更

まずは、PCの「電源プラン」を調節して、電力を節約しましょう。「高パフォーマンス」設定は魅力的ですが、やはりバッテリーの消費が激しくなってしまいます。持久力を考えるなら、「省電力」もしくは「推奨」を選択してください。
ここで、ディスプレイの設定や明るさを調節できます。PCがアイドル状態のときは、すぐにディスプレイの電源が切れるようにセットしておきましょう。使っていないPCの画面がオンになっている状態ほど、電力を無駄にすることはありません。

2. キーボードでスクリーンの明るさを調整

キーボードからボタン一つで、「スクリーンの明るさの調整」が簡単に行えます。
先に紹介した電力消費割合のチャートからもわかるように、電力を最も消費しているのはLCDスクリーンです。これの明るさを落とすだけでも、バッテリーの持続時間はずいぶんと変わります。
キーボード上部の「f1」から「f12」のいずれかに、太陽マーク(☼←こんな感じ)が2つ並んでいるはずです。そのボタンを、キーボード右下の「fn」キーと同時に押すと、スクリーンの明るさを調節できます(太陽マークだけでもできる機種もある)。VivoBook S200 交換用充電池駆動中は、不便にならない限界のところまで明るさを下げてやりましょう。
また、PCのグラフィック容量を無駄に消費するような、手の込んだスクリーンセーバーの使用も控えたいところです。

3. ハードウェアの電力消費を最適化

あなたのPCはBluetooth対応ですか?わずかとはいえ、これもAsus S200 対応充電池消費の原因の一つなので、全く使用していないのなら無効にしておきましょう。飛行機や電車内などWiFiが入らない場所でPCを使用する際は、ワイヤレスアダプタを無効にすると、少しバッテリーが長持ちします。
ワイヤレスの無効化は、「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定変更」から行えます。

4. PCをちょっと休めたいときは「休止状態」を使う
昼ごはんやちょっとした休憩でPCを小一時間ほど使わないようなときは、「スリープ」モードではなく、「休止状態」モードを使用してください。「休止状態」は、ちゃんとセッションを保存してくれるだけでなく、電力を全く消費しません。

「休止状態」を使用するもう一つの理由は、電源ボタンを押さない限り、絶対に起きないというところです。