HP バッテリー > HP Pavilion m6 バッテリーパック

HP Pavilion m6 互换バッテリー

HP Pavilion m6 互换バッテリー/対応充電池

低価格、高品質パソコンバッテリー、Pavilion m6 ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!格安と良質を保証できるだけでなく、上質なアフターサービスも提供しておりますので、ごゆっくり安心にお選びください!
  • 容 量:62Wh
  • 重  量 : 346g
  • 電  圧 : 11.1V
  • カラー :Black
  • サイズ : 205.70 x 53.30 x 20.30 mm
  • 価 格 : 7646円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

HP Pavilion m6用ACアダプタ/PC電源

HP Pavilion m6用ACアダプタ/PC電源

低価格、高品質パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!高質な安価のHP m6 交換用バッテリーを探しているの?こちらは低価格、高品質な商品をお客様にご提供しております。
  • 製品コード: LHPAC03
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 3183 円

対応ラップトップモデル:

  • HP ENVY m4 ,
  • HP ENVY m6 ,
  • HP Pavilion m7 ,
  • HP Pavilion m6 ,
  • HP Pavilion m6t ,
  • HP EliteBook Revolve ,

充電池互換電池 コード:

  • hp 671567-831 ,
  • hp H2L56AA ,
  • hp H2L55AA-ABB ,
  • hp HSTNN-LB3N ,
  • hp HSTNN-LB3P ,
  • hp HSTNN-YB3N ,
  • hp HSTNN-YB3P ,
  • hp MO06 ,
  • hp MO09 ,
  • hp TPN-P102 ,
  • hp TPN-W106 ,
  • hp TPN-W107 ,
  • hp TPN-W108 ,
  • hp TPN-W109 ,

基本的なHP Pavilion m6 バッテリ劣化防止策
◆一ヶ月に一度以上の頻度で、バッテリを充電100%から0%近くに放電するまで連続してノートPCのバッテリのみでノートパソコンを使用(または電源ONの状態で放置)しましょう。
バッテリリフレッシュをしたことと同じ劣化防止効果があります。
また、充電する場合はできれば100%まで充電しましょう
◆バッテリリフレッシュの機能を搭載している機種の場合は定期的に対応PC電源リフレッシュを行いましょう。
できれば一ヶ月に一度はバッテリリフレッシュを行うようにしましょう。
◆ 対応充電池は余り高温にさらしてしまうと劣化が進みます。
例えば炎天下の自動車の中にバッテリ付きのノートパソコンを放置するようなことは好ましくありません。
ノートパソコンの盗難防止の意味でも、外出先ではノートパソコンはなるべく携行し、涼しいところで保管しましょう。 
購入に際してのご注意
ノートパソコンで使用している HP Pavilion m6 ノートPCバッテリーを購入するには、バッテリの型番を確認する必要があります。
ノートパソコン毎に適合している充電バッテリーは違いますので、使用されているパソコンの型名あるいはバッテリの型番を次のものより確認してください。
■1.充電池を高温にさらさない。
■2.できるだけフル充電をさける。
■3.ディスプレイを暗めにする 。
■4.定期的にデフラグする。
■5.メモリを増設する。
■6.メーカー独自のバッテリー・ユーティリティを利用する 。
※製品の仕様は性能向上のため予告なく変更されることがございます。

AC電源での駆動時はPavilion m6 バッテリーを外す?

ノートパソコンをAC電源で利用することが圧倒的に多いなら、バッテリーは本体から外しておいたほうが良さそうです。

 バッテリーの寿命は、通算の利用時間ではなく、充放電の回数で決まります。ノートに装着したままにしておけば、電源を切り、AC電源を外しても常にフル充電の状態が保たれそうにも思えますがそうでありません。ノートパソコン用のバッテリーは、バッテリーパックに制御用の回路が組み込まれていて、パソコンの電源を切っているときも電力を消費しています。AC電源をつなぐと充電が始まるので、電源のオン・オフをするたびに充放電を繰り返すことになるのです。

 またパソコンの熱もバッテリーの寿命を縮めます。普段はAC電源で駆動しているなら、バッテリーパックは外しておいたほうが良いでしょう。

 バッテリーパックは、保管するときにも注意が必要です。現在、ノートパソコンに多く使われているリチウムイオン電池は、長時間利用しないでいると、二度と充電ができなくなる「過放電」しやすい傾向にあります。過放電を防ぐには、半分程度充電した状態で涼しくて湿度の低い所に保管し、半年に一度くらいは忘れずにやはり半分程度まで充電するようにしましょう。

 また、一般的にバッテリーは、フル充電した際の駆動時間が従来の半分になると寿命とされます。寿命までの充放電の回数は、300回から500回程度が目安です。ソニーなど、この充放電回数が分かるユーティリティを用意しているメーカーもあります。