Lenovo バッテリー > Lenovo Yoga 2 Pro ノートパソコン用バッテリー

Lenovo Yoga 2 Pro 互換用バッテリー/Lenovo Yoga 2 Pro 対応充電池

Lenovo Yoga 2 Pro 互換用バッテリー/Lenovo Yoga 2 Pro 対応充電池

低価格、高品質Yoga 2 Pro パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!品数豊富に取り揃えと送料無料で人気、格安と良質な商品を販売する、それに一番良いサービスを提供しております。
  • 容 量:54Wh
  • 重  量 : 251g
  • 電  圧 : 11.1V
  • カラー :Black
  • サイズ :
  • 価 格 : 10794円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

Lenovo Yoga 2 Pro 用ACアダプタ

Lenovo Yoga 2 Pro 用ACアダプタ

低価格、高品質パソコンバッテリー、Yoga 2 Pro ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!ノートPCバッテリー、ACアダプターなど多種類な製品をストックしています。高品質、2年間保証、真新しい、対応迅速!
  • 製品コード:LLNAC05
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 4543 円

対応ラップトップモデル:

充電池互換電池 コード:

  • Lenovo L13M4P02 ,
  • Lenovo L13N4P01 ,

ノートパソコンのLenovo Yoga 2 Pro バッテリー消費を抑える8つの秘訣

今の時代、多くの人がノートパソコンを持っています。ノートPCを使えばデスクトップPCでやっていた作業がどこでも可能です。ただ、弱点は電源コンセントのないところではバッテリーが必要で、ほとんどのノートパソコンはバッテリー寿命に難があることです。
そこで今回はノートLenovo Yoga 2 Pro 対応充電池を長持ちさせるための8つの秘訣を紹介しましょう。

Bluetooth、WiFiを切る
BluetoothやWiFiを切っても大した節約にはなりませんが、「塵も積もれば山となる」といいます。無線ネットワークに接続していないときは切っておくのがよいでしょう。

「スタンバイ」ではなく「ハイバネート(冬眠)」モードを利用
「ハイバネート(冬眠)」ではなく「スタンバイ」を使う人が多いようですが、スタンバイ中でも実は電池を消費しています。電量とデータ両方の保持を重視するなら、電力の節約だけでなく、作業ファイルの保存・復帰もしてくれる「ハイバネート」が一番の選択肢でしょう。

電源オプションの詳細設定を変更
どれだけの人が手を加えているのでしょう?きっと、そう多くはいないでしょうね・・・電源の詳細設定を変えてもスペースが増えたり見栄えが良くなったりすることはありませんが、消費電力節約のためにはぜひ設定の変更をしておいたほうがいい部分ではあります。

不要な常駐プログラムを無効にする
すぐにYoga 2 Pro PCバッテリーが減ってしまうその他の要因として起動に多くのプログラムを立ち上げすぎていることが考えられます。ほとんど使うことのないプログラムを常駐させる必要が本当にありますか?もしないのであれば切っておきましょう。

ハードディスクのデフラグ
単純な話、ハードディスクの動作が減れば、その分バッテリー消費電力も減ります。定期的にデフラグしていないハードディスクは動作量が増え、電力の浪費につながります。

PCの温度を下げる
ノートパソコンの通気孔をこまめに掃除している方はいますか?おそらくいませんね。掃除といっても時々空気を吹きかけやればいいのです。掃除をして空気の通る道が確保できればハードウェアへの負荷は減ります。ハードへの負荷が減れば、電池は長持ちします。ストレスが減れば長生きできる私たち人間とある意味似ていますね。

マルチタスキングを避ける
みんなマルチタスキングに慣れ切っています。しかし、消費電力を抑えたいのならタスクは一つ一つ行っていった方が賢明です。例えば音楽ソフトで好きな曲を聴きながら別ソフトで文書を作成するといった具合に複数のプログラムを開いたままにしておくと急速に電力が減るのは確実です。

CD/DVDドライブではなくハードディスクからデータを読み込む
ハードディスクより電力を消費するハードウェアは何かご存知ですか?答えはCDドライブです。「電力消費量:CD/DVDドライブ > ハードディスク」の公式を覚えておきましょう。